プレスリリース

Press Release

株式会社チャオの最新情報

チャオ、AWSテクノロジーパートナーに認定! オートスケール技術やデータ処理機能のアップで、 ますます快適解析を可能にした、クラウド型防犯カメラ 「Ciao Camera(チャオカメラ)」 「AIを活用したクラウドカメラセミナー」12月7日開催~

2017年12月1日

業務システムのクラウドサービスを展開する株式会社チャオ(本社:東京都港区、代表取締役社長:山本秀基)は、アマゾン ウェブ サービス(以下 AWS)のパートナープログラム「AWSパートナーネットワーク」(APN)におけるスタンダードテクノロジーパートナー認定を取得しました。さらに、従来のクラウド型AI(人工知能)ソリューション「Ciao Camera(チャオ カメラ)」のシステムの最適化や、データ処理能力機能などアップさせ、ますます快適なサービスをお客様に提供していきます。

チャオは、「AIを活用したクラウドカメラセミナー」を12月7日に開催します。

 

(1)Ciao CameraをAWS上で稼働させるメリット

 1:フレキシビリティな構築環境

・多様なユーザーに対応した柔軟性の高い設計構築が可能。

2:スケーラブルなインフラ

・アクセス量等の負荷に対して、サーバの能力を必要な時に必要な分だけ自動で増減(オートスケール機能)。

・仮想サーバのスケーリングと負荷分散により、膨大なユーザーアクセスを処理。

3:豊富な開発ツール

・ユーザーのニーズやサービスの迅速な変更に対応する事が可能な多種多様なツール群。

4:強固なセキュリティ

・安全性を備えたサービス環境を適切に設計

5:優れたコストパフォーマンス

・上りのバックボーン回線含め高効率な料金サービス体系(使った分だけ支払)。

 

(2)クラウド型防犯カメラ「Ciao Camera(チャオ カメラ)」とは

「Ciao Camera(チャオ カメラ)」は、自社特許技術の『差分』録画方式により、録画データをモバイル端末で使用されるICチップカード「SIM」でクラウド側に保存することが可能となったクラウド型防犯カメラです。レコーダーが必要ないため、故障の心配やメンテナンスの必要もなく、導入コストが削減できます。さらに手持ちのスマートフォンやPCで、世界中からいつでも確認できる上、画像解析も簡単にできる画期的なカメラです。

 

(3)特許技術を活用した「動いたものだけを録画する『差分』録画方式」を採用

「Ciao Camera(チャオ カメラ)」は、サーバー主導でカメラ側に画像を取りに行き、それを元に前の画像と変化があった部分のみを抽出し記録できます。したがって、録画画像は小さく済み、回線が混雑せず、多くのカメラとの接続が可能となります。さらに、画像を圧縮しないため再生画像は鮮明。再生時の負荷軽減のため、一定の間隔にて全体画像の保存も行います。

 

(4)2017年12月7日「AIを活用したクラウドカメラセミナー」

<概要>

タイトル:「AIを活用したクラウドカメラセミナー」

日時  :2017年12月7日(木)13:00〜15:00 (受付12:45)

場所  :アマゾン ウェブ サービス ジャパン株式会社(東京都目黒区下目黒1-8-1 アルコタワー19F)

主催  :株式会社チャオ

会費  :無料(事前申込)

協力  :株式会社ベイニッチ

内容  :

①講演「クラウドがもたらすイノベーションプラットフォーム」

アマゾン ウェブ サービス ジャパン 株式会社

パートナーアライアンス本部 部長 福沢 亮一

②講演「AWSの活用事項とクラウドカメラのマーケティング活用への期待」

ハンズラボ株式会社

イノベーショングループ 鹿倉 秀太

③講演「AIを活用したクラウドカメラについて」

株式会社チャオ

取締役COO 綿引 隆一

④質疑応答

申込サイト:http://www.ciaoinc.jp/seminar/20171207/